スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.14 Monday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

写真の日・・・

 アーティストさん担当森山です。
24日はアースデイ佐世保に行く予定でしたが、都合により断念。
アースデイ、すごく楽しそうですね。
次こそはぜひ私も行ってみたいです。


佐世保行きを変更してすぐに思い浮かんだのは、
4月23日(土)から30日(土)まで開かれている
chaokao artist坂本奈津子さんの「母と子の写真展」でした。
出島日新ビル(prawmaiのすぐ近く)203号のドアをノックすると
息子の初(うい)くんが出迎えてくれて、
隠し部屋のようなかわいい小部屋の奥には、
3世代の母子の写真がその家族ごとに並べて展示してありました。


この素敵な写真展、どうやって思いついたのかを尋ねると・・・

「今のお母さんは写真をデータとして保存し、写真店に現像しに行かなくなっています。
でも、家庭用のプリンタで印刷すると、水がついたり時間が経つと色が白くなってしまう。
逆に写真店に持って行ったものはここに展示してある昔の写真のように復元可能なんです。
そういうことを今のお母さん達に知ってもらうために毎月アルバム教室を開いていて、
その生徒さんのアイデアや、他にもいろんなことが重なって、母と子の写真展を
開こうと思いました。」

と教えて下さいました。


坂本さんは他にも、日本の最初期の写真家であり、
最初期の写真館を長崎に開いた上野彦馬さんのお墓を訪ねる
「大人の遠足」というのも企画しています。
お墓までの道のりには、長崎にこんなところがあったのかと思うような
素敵な景色が広がっているそうです。
4月は平日で人が集まらなかったので、5月29日(日)にリベンジするそうですよ。
ちょうどchaokaoが終わった次の日ですね。
ティアさんのお弁当付きです、いいなぁ・・・。
皆さんもぜひどうぞ。



そして・・・夜はぐっと大人な感じのトークセッションに行ってきました。
場所はこないだchaokao artist橋本ゆうきさんが開いた
「みらいのエネルギーのはなし」と同じカフェ豆ちゃん。
今回はchaokao art directorで、
chaokao artistでもある山崎加代子さんが協力されていました。
オランダでも5本の指に入る写真家カリー・マルケリンクさんのお話は
かなり哲学的で、通訳の方も何度も聞き返していました。
私もない頭をフル回転して、お話についていこうと必死でした。
難しい内容でしたが聞けば聞くほど面白く、写真って深いなぁと思いました。


すみません、ちょっとまた長くなったので
トークの内容はまた改めて書きたいと思います!


森山美代

スポンサーサイト

  • 2014.07.14 Monday
  • -
  • 07:31
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック