スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.14 Monday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

プレイベント第2弾!

 こんにちは。
chaokaoプロジェクトに、主にワークショップや講演等で関わらせていただいている、Lincの竹添由貴と申します。
11月5日にchaokaoプレイベント第2弾、Prawmaiさん講演in WARANAYAに行って来ました!!


山の中の古い納屋を改装してできたレストラン、WARANAYA。
辿り着くまでにかなり険しい林道を抜けなければならず、
民家や街灯もない、さらにお店の目立った看板や道しるべもないので、本当にこの道であってるか、一緒に乗車してた皆さんで必死に心配しました。w
けれども、無事、到着することが出来ました!!


以前にまなびの時間に参加させて頂いた時は9月だったこともあり、屋外での開催だったのですが、今回はレストランの中のレイアウトを変えて屋内での開催でした。
寒さが本当に苦手な私。屋内での開催と知って、心の奥底からホッとしたのは言うまでもありません。w


参加してくださった方はだいたい30、40人くらいで、若干女性が多いかな?という感じでした。
最初は何人の方が参加してくれるんだろう・・・と心配していましたが、開始の7時半を前にぞろぞろと人が集まってくださいました!!
そして7時半。Prawmaiさんの講演がスタートです☆


タイ語でのこんにちは「サワディ カー」で挨拶。もうお馴染みですね。
最初はタイ王国や山岳民族についての説明。
住居などがタイの首都であるバンコクのもの山岳民族のものとは全く違っており、まさに“地域間格差!”と思いました。
ちなみにバンコクは長崎よりも都会で発展してるなぁと印象を受けました。


次は、タイでPrawmaiさんが青年海外協力隊として活動されていた時の話でした。
手工芸品を市場で販売できる品質に仕上げるまで様々な苦労があって、特に印象的だったのが会議をした時にPrawmaiさんがタイ語で話されて、それを現地の若者が部族の方に部族後で訳しながら進めていた、というエピソードでした。
文化の多様性は私も大賛成なのですが、こういう時はちょっと大変ですよね。


そして今回のテーマでもある、フェアトレードについての説明、現状での山岳民族の問題点、そしてPrawmaiさんの活動によりどのようなメリットがあるか話されました。
自分達の文化が認められることによって、居場所ができる。
伝統文化が息づく山岳民族の方々にとって、一番大切なことだと思いました。
継続の課題などありますが、もっと活動を広めて解決につなげたいと話すPrawmaiさんは、見た目とは裏腹にエネルギーに満ちてました。



最後に質疑応答の時間。
フェアトレについて、真剣に考えてくださった方からの質問が飛び交いました。
その中で、“頑張って!”といってくださる方がいらっしゃり、なぜか私が嬉しくなってしまいました。w


ぬくもりを感じる店内、おいしいコーヒー、素敵なお話と、そこに集まる好奇心旺盛な大人たち。
本当に充実した、心がほっこりと満足できる時間を過ごさせていただきました。
また行きたいなぁ。


スポンサーサイト

  • 2014.07.14 Monday
  • -
  • 19:49
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

                 

chaokao web

categories

selected entries

archives

links

chaokao

search this site.

others

mobile

qrcode

supported

PR